「沈黙」3…無力と万能

まだまだ続く、「沈黙」についての私の中の熱い想い。

今回は原作と映画の違いについて書きたいと思います。

(どちらがいい悪いという意味ではないことを、まずお断りしておきます)


私が原作と映画で最も違うと思った点。

それは主人公たちの自己認識です。

原作のはじめの方の若いロドリゴ司祭には、「万能感」がある。

自分が辺境・日本の切支丹を導いてやる、救ってやるという強い意志があり、

「高みから見下ろす」ような感じです。


けれどもその彼の万能感、彼の誇りは砂山が一粒ずつ崩れるように崩され、

ついには全く無力な姿になります。

そしてロドリゴの元師で、先に棄教したフェレイラ神父。

彼は故国のキリスト教会でも日本の切支丹たちの中でも、

まさに万能の存在だったことがあるのだろうと思われますが、

ロドリゴの目に映る棄教後の彼の姿は本当に卑屈で哀しいのです。


一方、映画「沈黙」では、最初からロドリゴにそこまでの万能感は感じられません。

むしろ「自分は無力かもしれない」、という内省を秘めているように見えます。

そして棄教後も、ロドリゴもフェレイラも表面的には確かに完全に屈しているけれど、

微かに毅然としたところが残っているのが感じられました。


無力と万能はまさに表裏一体です。

「万能感」が強いほど、あるいはそれを追い求めるほど、

それが崩れた時になすすべがなく、「無力感」も強くなる。

それが原作のロドリゴであり、フェレイラでしょう。


しかし自分の無力さに多少なりとも自覚的であれば、

「万能の自分」という幻想をどこかで手放すことができる。

そこから新しい生き方を見つけ、

それが結局は自分の”魂”(ともいえるもの)を救うことにもなる。

ロドリゴを演じたアンドリュー・ガーフィールドも、

フェレイラ神父役のリーアム・ニーソンも、

そして”じいさま”を演じた笈田ヨシさんも、

きっと深くそのことを知っているのではないかと思いました。


原作の「沈黙」は、今も私達にいろいろな示唆を与えてくれます。

映画「沈黙」と合わせて考えると、さらにいろいろな気づきがあります。

上手く表現できませんが、しつこくもう少し考えてみたいです。








梅と小津安

つい数年前まで、私は小津安二郎監督の映画を一本も観ていませんでした。

いいと言われるけれど、なんだか地味な感じで面白くなさそう。。と思っていたのです。

けれども、食わず嫌いをやめて観てみたら、やっぱりすごい。

どれも隅々まで控えめで細やか。

そこから登場人物の”心”が伝わって来るのです。


同じ頃から、それまであまり関心のなかった梅に目が向くようになりました。

まだ寒い日々の中で、そっと春の訪れを告げてくれる。

後から来る桜のために、冷えきった地面と空気を温めているようでもあります。


梅と小津安。

遅まきながらその魅力がわかるようになって、本当に良かったです


画像


凛と咲く根津神社の紅梅です






「沈黙」2…”じいさま”の力

映画「沈黙」では、主人公のロドリゴ司祭は最初に2人の日本人に出会います。

ひとりは窪塚洋介さんが演じるキチジローで、

もうひとりが笈田ヨシさん演じるイチゾウ、”じいさま”です。


キチジローはすぐに逃げたり裏切る狡い人間。

”じいさま”は高潔で皆に信頼される老賢者。

この両極端のタイプの日本人に、異国から来たロドリゴはいきなり会う。

これはかなりすごいことではないかと思います。


キチジローは最後まで生き残ってロドリゴの周りをウロウロします。

(彼が現れると、自分の弱さを見せつけられるような気持ちになります)

対する”じいさま”は、映画が始まって間もなく殉教します。

本来なら、これだけでも理不尽でやりきれない。

けれども、不思議なことに”じいさま”が亡くなってもその存在感は消えず、

最後まで細い一本の筋のように残っている。

それがこの映画の底に流れる、微かな救いと希望のように感じました。

(原作ではイチゾウ=”じいさま”でなく、”じいさま”の殉教場面もありません)


ということを考えていたら、

「演出家・笈田ヨシ、《蝶々夫人》を語る」

というイベントが、20日に中央大学の駿河台記念館でありました。

その中でヨシさんは、

たとえば「月が出ている」ということをすごく上手く演じる役者と、

自分の存在を消して観客に「月」の姿を見せることのできる役者がいるとしたら、

自分は後者でありたいのだ、というようなことを言われました。


「沈黙」でヨシさんが観客に何を見せようとしたのかは、わかりません。

けれども、もしかするとそれは、

世の中にはどうにもならないこともあるけれど、

それを受け入れ、立ち止まらずに自分の道を信じて歩きなさい。

何事も自分次第だよ。

ということかもしれない、と思いました


※笈田ヨシさんが演出されたオペラ「蝶々夫人」については、
 ぜひ木下長宏先生のブログをご覧ください。 









 

春の準備

全てが終わって空っぽのように見えるけれど

春が来ればまた新しい芽が出て葉が生い茂る

そのために今は着々と内部で準備をしている

そんな枯れ木の姿が私はとてもカッコいい!と思います

画像









「沈黙」の意味

遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督の映画、
「沈黙 -サイレンス-」を観ました。

映像がとてもきれいで脚本も役者の演技も素晴らしいけれど、
すぐに「いいね!」とか「感動!」と反応できるような、
いわゆる”SNS映え”するタイプのものとは対極な作品です。

161分の長尺で客席は2割くらいしか埋まっていませんでしたが、
終わった後はまさに「沈黙」。
上映前は賑やかだった中高年のグループもカップルも静まり返り、
すぐには言葉が出て来ないようでした。

それはもちろん私も同じで、遠藤氏と河合隼雄先生の対談や、
河合先生の処女作「ユング心理学入門」に当初入れるために書かれたという
「沈黙」についてのコメント等は読んでいましたが、
恥ずかしながら原作そのものは未読。

取りあえずパンフレットを買って帰り、
その晩は映画を夢の中で繰り返し巻き戻して観て、
ひとつひとつのシーンそれぞれの登場人物について
自分がどう思うのかを考えていました。

原作を読んでからまた改めていろいろ書きたいと思いますが、
まず「沈黙」というタイトルについて、
パンフレットを読んで知ったことがありました。

切支丹の人々が凄まじい迫害を受けて次々に命を落としても、
神は何も言いません。
主人公のロドリゴ司祭は
「主よ あなたは何故黙ったままなのですか」
と苦悩します。
だから「沈黙」なのだと思われていますが、そうではないのです。

山根道公ノートルダム清心女子大学教授は
「原作者の『沈黙』に込めた思い」を寄稿し、
元々は「日向の匂い」というタイトルをつけていたところを、
編集者に「迫力がない」と言われて「沈黙」になったと書いています。
そして遠藤氏が「神は沈黙しているのではなく語っている」という
「沈黙の声」という意味
を込めての『沈黙』というタイトルが、
「神の沈黙を描いた作品」と誤解を招く原因となったことを悔やんでいた、
と記しています。
(確かに映画の中でも神は語っています。
けれども神の沈黙を描いた作品という「誤解」があればこそ、
やはり作品が国を越えて広く世界中で読まれたのだとも思えます)

また、「歴史に黙殺された弱者の声」と題して、
「沈黙」が誕生するベースとなったという「切支丹の里」(中公文庫)の中から
抜粋された文章が掲載されています。
遠藤氏は、崇高な殉教者という「強者」でなく
殉教者になれなかったり棄教した「弱者」に目を向けている。
そして彼らが黙殺され「沈黙の灰」の中に埋められたとして、
「私は彼等を沈黙の灰の底に、永久に消してしまいたくはなかった」
と書いているのです。

短い文の中で二度も「沈黙の灰」という言葉を使っている。
そこに遠藤氏の熱い想いが滲んでいる。
見捨てられた弱者を「沈黙の灰」から生き返らせたい。
遠藤氏のこの視点を持つことで、
映画も原作もより深く味わい読み解けるのではないかと思います。

画像











女子力

世間の認識とは多分ずれていると思いますが

私にとっての「女子力」とは

男性でも持っている人は持っている

人の凝り固まった気持ちを蕩かしてしまう力

アンパンマンに出て来るメロンパンナちゃんの

「メロメロパンチ」みたいなものです


メロンパンナちゃんは無意識で繰り出しているけど

意地悪なバイキンマンもメロメロ〜になっちゃう

無理して頑張ったり狙ってどうこうするものでもないけれど

戦闘的な社会を癒す偉大な力だと思います

画像


いつもお世話になっている整体の先生のお庭

春らしいキュートさにメロメロ〜




















「ありがとう」のハードル

「やってもやっても感謝されない」と、嘆いている人の話をよく聞きます

家族や周りのためにものすごく頑張っている人に多いので、本当に気の毒です

でも大変失礼ながら、こういう人は自分から「ありがとう」と言うことも少なそう…と思うこともあります。

「私は人に『ありがとう』と言うほどのことをしてもらっていない」とバシッと切られそうですが、

これは「自分の好きなタイプの人にモテなければ、モテるうちに入らない」と言う人と似ています。

せっかく誰かが何かしてくれても、自分の求める気遣いや行為じゃないとノーサンキュー

その気配が強くなると、周りも「この人には通じない。。」とあきらめてしまいます。

「ありがとう」のハードルはできるだけ低くして、軽〜くクリアできるようにしておく。

それが自分の幸せ度を高める(中年期からは特に)大きなポイントじゃないかと思います


画像


世田谷区商店街連合会キャラの「がーやん」に遭遇

見た目は地味だけど、街のためにいつも頑張ってくれてありがとうね