ピカチュウの夏・映画編

今年はTVアニメのポケモンがスタートして20周年。同年にスタートしたポケモン映画も20周年です。

今回目を引いたのは、サトシとピカチュウの出会いをやるということ。

あの涙涙の初回をぜひ大型スクリーンで!と思い、ポケモンのスタートした時にはまだ幼かった姪を誘って、いそいそと観に行きました。

画像


みんなの知っているピカチュウは無邪気で明るいけれど、元々は「恥ずかしりで人に慣れにくい」(by オーキド博士)。

そんなツンデレなピカチュウと、心優しいけれど単純な(つまりデリカシーのない)サトシがいかにして仲良くなるか?

映画では出会いのシーンからTVアニメの初回とはちょっと違っていて、初めてピカチュウがこの世に現れた時の、あの震えるような感動は再現されませんでした。

それでも十分ピカは可愛い

画像


ファンには当たり前のことですが、ピカチュウは他のポケモンとは異なり、最初からずっとモンスターボールに入りません。

2人が出会って旅に出た頃は、それが原因でオニスズメの大群に追われるはめになる

けれども、サトシが身を挺してピカチュウを守ろうとしたことでピカチュウの気持ちに変化が生まれ、10万ボルトのパワーを炸裂させてオニスズメ達を蹴散らします

こうしてサトシとピカチュウに深い絆が生まれ、2人は無二の親友となるのです。(このシーンもTV初回版と少し違っていて、オリジナルより涙度は低めです)

画像


画像


映画ではラスト近くで、もう一度、サトシが瀕死のピカチュウにモンスターボールに入るように促すシーンがあります。

「これに入ればお前は助かるかもしれないんだ」と懇願するサトシの耳に聞こえた、ピカチュウがはじめて人の言葉で語ったこととは。。

画像


また、サトシの夢に出て来た、ピカチュウのいないパラレルワールドにも涙涙。。

画像


笑いあり涙あり友情ありバトルありの、ドラマツルギーをしっかり押さえた作りは本当にさすが。

画面の随所に初期からのポケモンたちが映り込んでいたり、最後のタイトルロールでカスミとタケシにはじまり、歴代の仲間達が登場する演出も素晴らしい

まだ幼いポケモンファンやポケGOで知った方々。そして特に、昔は大好きで毎日「ピカチュウ、カイリュウ、ヤドラン…」と唱えていたけど、ずっと離れているなあという元子ども達と、一緒にTVアニメを楽しんでいたご家族の皆さまにも、ぜひぜひ観ていただきたいと思います。

そしてこの夏もいよいよ、 「ピカチュウ大量発生チュウ!」がスタート!

ピカチュウまみれの熱狂のイベントに今年も行ってきます












この記事へのコメント